カテゴリー別アーカイブ: 書籍

元原発技術者の小野俊一さんが「フクシマの真実と内部被曝」を出版

2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響によって発生した、
東京電力福島第一原子力発電所の事故。

この事故の影響によっていまだに故郷へ帰ることができず、
避難生活を強いられている人たちは大勢います。

広島県生まれの内科医師である小野俊一さんが、
この原発事故について一冊の本を出版しました。

小野さんは、東京電力のいて原発技術者として働いた経験もあります。

その経験などをもとにして、
「フクシマの真実と内部被曝」という書籍を自費によって出版したのです。

福島第一原子力発電事故の分析や、放射能除染などといった課題を踏まえ、
一人一人が今後どのように行動を起こしたら良いのかということも、提案されています。

また、原発技術者と医師としての知識によって原発の仕組みや放射線の種類、
そして人体への影響や外部と内部被曝の違いなどについても説明されています。

↓【書籍】「フクシマの真実と内部被曝」四六判190ページ
【書籍】「フクシマの真実と内部被曝」四六判190ページ  【直販】onodekita.com/DVD/ 【Amazon】h... on Twitpic

複眼で見たフクシマ 元東電の原発技術者→内科医 経験つづり自費出版|ニュース|ヒロシマ平和メディアセンター